唐松の芽吹き

唐松の中にコブシや桜が見えます。(戸隠高原 5/9)
c0085877_647279.jpg
c0085877_6473697.jpg
c0085877_6474416.jpg
c0085877_6475235.jpg
Nikon D300


人気blogランキングに参加してます。←応援のポチをよろしくお願いします。o(_ _)o よろしく!ぺこっ♪
[PR]
by mmoroya | 2010-05-17 06:49 | Comments(5)
Commented by Viola at 2010-05-17 11:06 x
カラマツの芽吹きは大好きです。
小さな芽が無数に出て、その緑の美しさ、高原の春の幕開きですね。
mmoroyaファンの私は、ブログランキング最上位の鮮やかな色調は苦手ですね。
いつか行きたい松之山の佐藤さんのファンでもありますが、
お二人の微妙な違いが楽しみでもあり、
それぞれに頑張って美しい日本の自然を楽しませて頂きたいと願っています。
Commented by ルイヴィトンコピー at 2010-05-17 16:49 x
唐松の中でチラリと桜が…そんな景色も格別!!

http://www.supercopy.jp/lv/
Commented by mmoroya at 2010-05-18 06:50
Violaさん、おはようございます。
最上位の方のは、どうもなじめませんが、
佐藤さんのブログは、松之山には時々撮影に行きますので
毎日見ております。
これからも、信州を中心に美しい日本の風景を、、お届けしますよ〜〜♪
Commented by 大楽 at 2010-05-18 06:59 x
カラマツの山の中を歩いてきました。
ちょうど今回の写真のようでした。

青空に真っ白な透き通るような山がその先に見えました。
蝶ケ岳を望むその里は安曇野。

やっぱり夢はかなう。
mmoroyasanの写真に魅せられて安曇野へ行こうと思った。
それは5月4日でした。

安曇野はいたるところが自然の美術館。
おいしいパン屋さんを探してカラマツの林を見ながらコーヒーを
飲んだ。
ちひろ美術館ではカラマツのなかに広がるパンジーの咲き誇る10色の色を見た。

カラマツの若芽を見ているだけでも美しい。
カラマツの美しい材がもっと使われる日本になるとよい。
もっとカラマツに注目したいと思うこのごろです。

そのためには、経済生産性至上主義の反省、お金に換算しない
日々の生活を多くの市民が作っていくことが早道のようです。
Commented by mmoroya at 2010-05-19 06:43
大楽さん、おはようございます。
安曇野に行ってきましたか〜〜♪
おっしゃるとおり、安曇野は全体が美術館なんです。
どこに行っても絵になる〜そんな所ですね♪
<< 田植え前 松之山美人林 >>